2017/10/11 適用拡大のお知らせ
ジーファイン水和剤において下記内容が変更されました。
・作物名「トマト、ミニトマト」に適用病害虫名「疫病」が追加されました。
バッチリフロアブルにおいて下記内容が変更されました。
・直播水稲の使用方法に「水口施用」が追加され、「原液湛水散布又は水口施用」となりました。
2017/09/27 適用拡大のお知らせ
協友ベルクート水和剤において下記内容が変更されました。
・作物名「やまのいも」に使用方法「種いも粉衣」(青かび病/種いも重量の1%/植付前/1回)が追加され、
イミノクタジンを含む農薬の総使用回数が「5回以内(種いもへの処理は1回以内、無人ヘリ散布は3回以内)」に変更されました。
・作物名「てんさい」に適用病害虫名「褐斑病」(1000倍/4回以内/散布)が追加されました。
ジェイフレンドフロアブルにおいて下記内容が変更されました。
・移植水稲の適用雑草名に「オモダカ」「クログワイ」が追加されました。
・移植水稲の使用方法に「水口施用」が追加され、「原液湛水散布又は水口施用」となりました。
・作物名に「直播水稲」が追加されました。
ジェイフレンド1キロ粒剤において下記内容が変更されました。
・移植水稲の使用時期が「移植直後~ノビエ3葉期ただし、移植後30日まで」に変更され、「移植時」が追加されました。
・移植水稲の適用雑草名に「オモダカ」「クログワイ」が追加されました。
・作物名に「直播水稲」が追加されました。
・散布方法に「無人ヘリコプターによる散布」が追加されました。
サラブレッドKAI1キロ粒剤において下記内容が変更されました。
・使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」が追加されました。
サラブレッドKAIフロアブルにおいて下記内容が変更されました。
・作物名「移植水稲」の使用方法に「水口施用」が追加されました。
・使用方法に「無人ヘリコプターによる滴下」が追加されました。
2017/09/12 水稲箱処理剤新規取扱いのお知らせ
現在、シンジェンタジャパン株式会社が取り扱っている水稲用育苗箱処理剤「デジタルコラトップ
アクタラ箱粒剤」、「デジタルメガフレア箱粒剤」、「デジタルバウアー箱粒剤」、「デジタルミネクト
箱粒剤」の4剤(以下デジタル剤)を平成30年12月(平成31農薬年度)より協友アグリ株式会社
が普及・販売業務を継承する事が決定いたしました。
8月24日に発表しました両社名でのプレスリリース文章を添付いたします。