• 水稲除草剤
  • アッパレZ

悩んでいたホタルイを見事に抑えこんでくれた

野呂 義久 様

「継いでやらなければ」と

圃場の所有面積が大きかったので、父の死をきっかけに就農した。

県北の中央に位置し、古くから羽州街道の要衝として栄えてきた北秋田市。
森吉山の樹氷は「日本三大樹氷」の一つに数えられ、冬には多くの観光客が訪れる。
盆地なので一日の気温差が大きく、米作りにも適した土地だ。
あきたこまちを中心に、最近はめんこいな、ゆめおばこを作る農家も増えてきた。

昨年(令和3年)還暦を迎えた野呂義久さんは、あきたこまちを8ヘクタール、めいんこいなを3.4ヘクタール、飼料米を5ヘクタール、ほかにそばとキュウリも作っている。
高校卒業後は企業に就職したが、
「家が持っていた圃場の面積が大きかったから、いずれ継いでやらなければ、と思っていた」という。
2003年(平成15年)、父を亡くしたことをきっかけに就農した。

1日2回は圃場に出ている

予定通りにいかないのが農業 だからこそ、結果を出せると嬉しい

組織の中で働く会社勤めと違って、農業はすべて自分に責任がかかってくる。
また、稲を植えて肥料をやれば自動的に収穫できるというものでもない。
「溝切り一つするかしないかでも収穫量が全然違ってくる。米作りは天候に左右されやすいので生育観察は怠らず、毎日2回は圃場に足を運ぶようにしています」

時間に追われることも多い。特に収穫は短期間の勝負なので、夜明け前の午前3時から起きて作業しなければならないという。

「大変なことも予定通りにいかないこともたくさんある。だからこそ、狙い通りの結果を出せたときは最高の気分です」

長男の竜平さん(30)も2020年(令和2年)に就農し、今は親子3人で汗を流している。
「キュウリは全面的に竜平に任せています。後を継いでくれるのは、やはり親としては嬉しいですね」とほほ笑んだ。

粒剤とフロアブルを使用

以前使って効果があった「アッパレZ」 見事にホタルイを抑えてくれた

JA秋田たかのす経済部購買課の中嶋紀人さんは「野呂さんは技術もあるし、とてもまじめに取り組んでいる方」と太鼓判を押す。

昨年春、LINEの公式アカウントを作ると、野呂さんもいち早く登録した。「忙しくてJAに行けなくても役立つ情報が入ってくる。貴重な情報源になっています」と話す。

除草剤は2種類。まず田植と同時に初期剤として『ピラクロン』を、一週間後に『アッパレZ』を使うというスタイルだ。『アッパレZ』は登場した時に数年間使った経験があり、「うまく草を抑えている」印象があったので昨年から再び採用したという。
「粒剤は動力散布機でまき、大きい圃場にはフロアブルを使いました。ホタルイが多かったんですが、見事に抑えこんでくれた。引き続き、今年も使う予定です」

本製品ご利用者様からのメッセージ

アッパレZ

効果は高い!良く効いた!

坂本 大貴さま

青森県:JA青森

アッパレZ

良く効いた。

斉藤 直美さま

青森県:JA青森

アッパレZ

効いた!

山田 寿光さま

青森県:JA青森

アッパレZ

アッパレZ400FGを使用したが、散布が楽で良かった!

伊藤 淳さま

岩手県:JAいわて花巻

アッパレZ

アッパレZを使いだして、ノビエが少なくなった。

横山 敏光さま

福島県:JA会津よつば

アッパレZ

FG剤は簡略化で良い!

農事組合法人 ミナミアグリ 小笠原 裕樹さま

長野県:JA上伊那

アッパレZ

ヒエ、ホタルイ、オモダカはもちろん、細かい雑草や藻もなくなったので高い効果に驚いている。

農事組合法人 うわだな 三嶋 理清さま

石川県:JA石川かほく 

アッパレZ

良い剤だと思います。

農事組合法人 桝塚会 有我 保さま

愛知県:JAあいち豊田