• 殺虫殺菌剤

デジタル®ミネクト®箱粒剤

1kg×12

3kg×6

関連資料

※チラシ・技術資料関連は最新の登録情報を反映していない場合がございます。

基本情報

種類名 シアントラニリプロール・ ピロキロン粒剤
有効成分 シアントラニリプロール 0.75%/ピロキロン 10.0%
登録番号 第23722号 (シンジェンタ ジャパン登録)
毒性 普通物*
有効年限 3年
包装 1kg×12、3kg×6

特長

  • 新規殺虫成分シアントラニリプロールと、いもち病防除に実績のある有効成分ピロキロンを組み合わせました。
  • 幅広い主要害虫といもち病に高い効果を示す殺虫殺菌剤です。
  • 独自の溶出制御技術をさらに改良。ピロキロンが葉いもちから穂いもちまでカバーします。
    (ただし、発生状況により、穂いもち防除が必要な場合もあります)
  • 適用内容と使用法
  • 使用にあたって
作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 シアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数 ピロキロンを含む農薬の総使用回数
稲(箱育苗) いもち病 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植10日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネドロオイムシ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植10日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネミズゾウムシ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植10日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) いもち病 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネドロオイムシ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネミズゾウムシ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イナゴ類 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネツトムシ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ツマグロヨコバイ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ニカメイチュウ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネヒメハモグリバエ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ヒメトビウンカ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) コブノメイガ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) フタオビコヤガ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イナゴ類 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネツトムシ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ツマグロヨコバイ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ニカメイチュウ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) イネヒメハモグリバエ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) ヒメトビウンカ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) コブノメイガ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
稲(箱育苗) フタオビコヤガ 高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 移植3日前~移植当日 1回 育苗箱の上から均一に散布する。 1回 3回以内(移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
直播水稲 いもち病 1kg/10a は種時 1回 は種同時施薬機を用いて土中施用する。 1回 3回以内(は種時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
直播水稲 イネミズゾウムシ 1kg/10a は種時 1回 は種同時施薬機を用いて土中施用する。 1回 3回以内(は種時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
いもち病 1kg/10a 移植時 1回 側条施用 1回 3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
イネミズゾウムシ 1kg/10a 移植時 1回 側条施用 1回 3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
イネドロオイムシ 1kg/10a 移植時 1回 側条施用 1回 3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)

使用上の注意

  • 使用量に合わせ秤量し、使いきってください。
  • 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5ℓ)1箱当りに乾籾として200から300g程度を高密度には種する場合は、10a当りの育苗箱数に応じて、本剤の使用量が1kg/10aまでとなるよう、育苗箱1箱当りの薬量を50から100gまでの範囲で調整してください。
  • 育苗箱の上から均一に散布し、軽く灌水してから移植してください。
  • 葉に付着した薬剤は払い落とし、軽く散水してください。
  • 移植時側条施用に使用する場合は、専用の移植同時施薬機を用いてください。
  • ヒメトビウンカに対しては残効性に注意してください。
  • 空袋は圃場などに放置せず、環境に影響のないよう適切に処理してください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

薬害

  • 軟弱徒長苗、むれ苗、移植適期を過ぎた苗などの場合には薬害を生じるおそれがあるので使用しないでください。
  • 本剤処理により、時に生育初期の葉に先枯れ等の薬害を生じることがありますが、実用上の問題はないことから通常の管理を維持してください。
  • 本田の整地が不均整な場合は薬害を生じやすいので、代かきはていねいに行ってください。
  • 移植後、少なくとも3~4日間は湛水状態を保ち、落水、かけ流しはしないでください。なお、漏水の多い水田での使用はさけてください。
  • 移植後、高温、あるいは低温による生育不良等が予想される場合には、薬害が助長されるおそれがあるので使用をさけてください。

水産動植物への注意

  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に流入しないよう注意して使用してください。
  • 使用後は水管理に注意してください。
  • 器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • かぶれやすい体質の人は取り扱いに十分注意してください。

貯蔵上の注意

  • 密封し、直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に保管してください。
  • 適用内容と使用法
  • 使用にあたって