• 殺菌剤

ラブサイド®バリダ®フロアブル

関連資料

基本情報

種類名 バリダマイシン・フサライド水和剤
有効成分 バリダマイシンA 5.0%/フサライド 20.0%
登録番号 第24394号
毒性 普通物*
有効年限 3年
包装 1ℓ×12、5ℓ×4

特長

  • 葉いもち・穂いもち・紋枯病に優れた効果を発揮し、効果が長期間持続します。
  • いもち剤のラブサイドは固着性が高く、 耐雨性に優れた薬剤です。
  • 他剤に感受性の低下したいもち病菌・紋枯病菌に対しても高い効果を発揮します。
  • バリダシンは紋枯病の病斑進展阻止効果(治療効果)に優れるため、穂いもちを対象とした防除時期での散布でも、紋枯病に対する優れた防除効果を発揮します。
  • 適用内容と使用法
  • 使用にあたって
作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 バリダマイシンを含む農薬の総使用回数 フサライドを含む農薬の総使用回数
いもち病 1000倍 60~150L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内
紋枯病 1000倍 60~150L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内
いもち病 8倍 800ml/10a 収穫14日前まで 3回以内 無人航空機による散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内
紋枯病 8倍 800ml/10a 収穫14日前まで 3回以内 無人航空機による散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内
いもち病 300倍 25L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内
紋枯病 300倍 25L/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 6回以内(育苗箱灌注は1回以内、本田では5回以内) 3回以内

使用上の注意

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 使用前に容器を軽く振ってください。
  • 散布液調製後はそのまま放置せず、できるだけ速やかに散布してください。
  • いもち病発生に際しては予防的に散布した方がより効果的です。葉いもちに対しては発生が予想される場合または初発生をみたら直ちに散布してください。
  • 本剤を無人航空機で散布する場合は「製品情報と注意事項」の見方、「空中散布、無人航空機(無人ヘリコプター等)散布・滴下に関する注意」をご参照ください。
  • 散布薬液の飛散により他の動植物および自動車やカラートタンの塗装等に被害を与えないよう散布区域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分注意してください。
  • 本剤を希釈倍数300倍で使用する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の速度連動式地上液剤散布装置を使用してください。
  • 空容器等は圃場などに放置せず、適切に処理してください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

薬害

  • きく(秀芳の力等)には薬害を生じるおそれがあるので、かからないように注意して散布してください。

安全使用上の注意

  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

貯蔵上の注意

  • 密封し、直射日光をさけ、なるべく低温な場所に保管してください。
  • 適用内容と使用法
  • 使用にあたって